2014・ 5・ 17   下伊那の秘峠で写真撮影と旧道峠

極楽峠売木峠(旧道)



若葉がその色を増す5月中旬、週末の天気は土曜、日曜ともに上々、日頃の仕事の疲れもあって、景色の良いところで少しのんびりしたい・・・

そこで出かけたのが、郷土出版社の“信州百峠”で下伊那の秘峠と紹介されている極楽峠です。

自宅から40分ほどで行く事が出来るのですが、峠近くの展望所からは伊那谷を一望出来る絶景のスポット、そこで少しのんびりコーヒーでも飲みながら、峠訪問と写真撮影でも楽しもうかと出かけて来ました。



撮影機材やら何やら、道具も多いので今回はB23での出動、R151で下条村へ、県道64号線、林道極楽峠線へと走り繋ぎます。



林道極楽峠線の入り口には、“通り抜けできませんん”の看板、パノラマパークまでは行けるとのことなので先に進みますが、極楽峠はパノラマパークから1Kmほど先になります、早くも峠訪問に暗雲たちこめるのでありました。


まぁ、暗雲はたちこめても、天気は最高・・・

木漏れ日が遊ぶ新緑のトンネル、車の窓を全開にして・・・・、気持ちがいい!



林道を10分ほど登って行けば、パノラマパークの駐車場に到着です。



駐車場の先、極楽峠へと続く林道には、バリケードが設置され、冬季閉鎖中の看板がありました。

バリケードは移動も容易な簡素なものですし、バリケードの横には車一台分ほどの間隔も開いていて車が通った形跡もあるので、行ってみます。



冬季の閉鎖がされたままで、整備もされていないので、いたるところに落石や落枝が転がっています。



途中にはこんなところも・・・倒木も多くてなかなかスムーズに進めませんが、時々車を止めて、障害物を道路脇に寄せながら進んで行くと、なんとか峠まで到着できました。



極楽峠(ごくらくとうげ)   標高1230m   林道極楽峠線   下条村/阿智村

下条村と阿智村浪合地区の境に位置する峠で、山中にひっそりと佇む静かな峠である。



全線舗装されており距離もさほど無いが、下条村側も阿智村側も勾配の有る狭路が続いている



峠から下条村方面に1Kmほど下ると、極楽峠パノラマパークがあり、トイレや東屋などが整備されており、伊那谷を一望することができる。





峠に設置された極楽峠の石柱の道反対に、新極楽峠の看板が・・・・??



ちょっと紛らわしい看板ですが、どうやら本来の旧道と峠は、現在の林道の峠から南東側の尾根に有る33番観音が祀られているところの様ですね、なので林道にあるここは新極楽峠と言うわけ!でこの看板が設置されたのでしょう。



峠の先には更にバリケードが置かれていましたが、どちら方面への進入禁止のバリケードなのか不明でした。



峠で引き返し、再びパノラマパークまで戻るとカメラを据え付けて撮影開始、素晴らしい景色です。



この季節には珍しく霞も少なく空気も澄んでいたので、タイムラプス動画を撮ろうと思い、インターバル撮影です。



10秒のインターバルで連写しますが、2時間から3時間写しても、タイムラプス動画にすると1分〜2分程度です、撮影中は特にする作業も無いのでのんびりと・・・。

撮影の間、男性が二人ほど訪れて景色を眺めて行きましたが、あとは自分一人だけでしたので、B23のリアゲートタープを広げ、持って来たキャンブ道具でコーヒーを淹れたりカップ麺を作ったりと、気ままに過ごすことが出来ました。

その時の動画です。“タイムラプス 極楽峠にて


1000ショットほど撮ったところで本日のインターバル撮影は撤収することにして、ここまで来たのだからと、初めての峠訪問で、積雪の為に断念した売木峠を訪ねてみる事にしました。



R151まで戻り、阿南町新野へと登って行きます、道の駅“信州新野千石平”の横からR418へ入ると直ぐにバイパスのトンネルです、トンネル手前から旧道に入っていくと、ほどなくして旧道の売木峠にたどり着きます。



売木峠(旧道)(うるぎとうげ)   標高1000m   国道418号線旧道  阿南町/売木村

阿南町新野地区と売木村の境に位置し、R418号線のトンネルバイパスの旧道にある峠である



近年開通した売木トンネル上部に位置し、国道の旧道となってからは交通量もほとんどなくなっっている。

峠への道路は、阿南町側も売木村側も舗装され距離は短いが、勾配もきつく狭路である

バイパスが出来、交通、物流の主用はトンネルへと移った事から、現行の売木峠は売木トンネルと言っていいだろう。





旧道の峠にこんな看板がありました。



この道路が以前は主要道路だったことをうかがわせる50周年記念の売木村の市政看板、雑草に埋もれて何かちょっと寂しい佇まいです。

その後、売木村から平谷村へ抜け、R153号線を北上して帰って来ました。



今回の峠訪問は2か所だけでしたが、好天の下、新緑に囲まれてのんびり過ごす事が出来ました。





Site Top   section Top   戻る