峠訪問のアイテム


車やバイクで峠へ出かけるだけなので、基本的に特別なモノが要るわけではありませんが、自分が峠旅で使っているモノをちょっと紹介します。



書籍
株式会社郷土出版社発行「信州百峠」 信毎書籍印刷株式会社発行「峠で訪ねる信州」 この二冊が現在のところ、峠旅のすべての基本となっています。

その他に「大人のバイク旅シリーズ」  賀曽利 隆の「バイクで越えた1000峠」 等々






ポータブルナビゲーション
GARMINのnuvi205w

ジムニーに設置。

GPSの感度と精度が非常に良いですね、USBのインターフェースが有り、PCからナビへGoogle mapsで検索したポイントを直で転送出来たり、逆にナビから走行した軌跡をPCの、Google Earth上に表示したり出来る優れものです。

標高の測定表示が出来るので、標高の不明な峠の数値はこれを参考にします。



カイホ―のバイク用防水ポータブルナビゲーション

Cab-Pに設置

付属のブルートゥースイヤホンで、ヘルメットの中で音声案内を聞く事が出来、SDカードも入るので、音楽を聴きながら走行するなんて事も出来ます。

標高の測定表示が出来るので、標高の不明な峠の数値はこれを参考にします。





カメラ
CANON 7D と G11  レンズ、三脚等々撮影機材一式

ジムニーで出かける際は7DとG11を、GSRで出かける際はG11を使用





Site Top      section Top